中陰表横書きサンプルファイル

過去帳/中陰表

中陰忌日表のエクセル設計のサンプルファイルをアップしました。

御利用される方は、以下のファイルを実行して下さい。

http://www.jiin.net/sara_xls/chuuin_yoko.exe

※このサンプルファイルは六七日がありませんので、必要な場合は関数埋め込みが必要です。(三十五日→五十ケ日のパターンです。)

※六七日の関数

六七日の月—->**六七日月
六七日の日—->**六七日日
六七日の曜日—->**六七日曜

========

■■■■■実際の使用方法■■■■■

(1)マイコンピュータ→ディスクドライブCの中のsara2004フォルダの中のxls_userフォルダの中の「中陰表横書き.xls」 というファイルをエクセルで開きます。

(2)お寺名や、時刻の欄を、お寺に合せて修正して、名前をつけて保存して下さい。(例:中陰表横書き架空寺.xls)
保存するときは、必ず「98-2003エクセルブック形式(xls)」で保存して下さい。

(3)過去帳編集画面のツールバー「中陰表印刷パターン1選択」(または2)をクリック

(4)画面最下部「xlsオリジナル帳票」に印を付け、右側にある選択ボタンをクリックして、保存したファイルを選択

(5)画面右上の「いつも使う様式として登録」

■■■■■注意点■■■■■

沙羅には中陰逮夜表に時間というフィールドはありませんので、時間を変更される場合は、印刷前に上述の(1)(2)で変更するか、

または、

上図の「保存」ボタンにて、適当な名前(例:義山秀道居士中陰表.xls)で保存後、ソノファイルを開いて時間を入力して下さい。

(※たぶん、最初から設定を変えた方が簡単です。)