サイト内検索 

「外付け」のハードディスクで運用したいんですが・・・。

導入前・コンバート・インポート・設定データを同期したい

沙羅(年忌案内版・各宗派版・超宗派版)はスタンドアロン専用(単体のそのPCで稼働する)のソフトです。
(プログラムは必ずCドライブにインストールされ、データもCドライブに保存されます。)
デフォルト状態では外付けのディスクには自動保存するようにはなっていません。

寺務所内の固定PCが何台かある環境でしたら「簡易ネットワーク版」をお奨めいたします。

★インストールは同じ寺院内であれば、複数台インストールしていただいても構いません。
(「寺務所のディスクトップ」と「庫裏のノートパソコン」など)

↑↑↑↑↑↑↑↑
それぞれのPCで「データのバックアップ&復元」(沙羅のメインメニューの「ヘルプ」の「データ保守」にあります)を使ってデータを外付けHDに「保存」して運用していただく形になります。
但し、その都度起動のたびに「復元」してから作業を行っていただくことになりますので、間違えてしまう可能性もあり、スタンドアロンで何台も使うのは、あまりおすすめの方法ではありません。
(どちらかのPCを「入力専用」にしていただくのが確実です。)

「データのバックアップ&復元は面倒」「外付けのハードディスクで運用したい」・・・・という方には、「簡易ネットワーク版(別売:20,000円)」という方法がございます。(お申込は直接 075-708-2666 までお電話いただけたらと思います。)

「簡易ネットワーク版」では「外付けのハードディスク」を自動保存先にし、複数台からの同時入力は可能です。

しかし問題点もあります。「「簡易ネットワーク版」ですとノートパソコンで外出する際にも常にそのハードディスクが必要」となり、外出している時もハードディスクを持ち歩くことになり、その間は寺務所のPCが使えなくなります。

「外出先でノートPCを使う」のであれば「リモートディスクトップ」が便利です。

最近、外出先からでオススメなのは・・・・TeamViewerやリモートディスクを使う方法です。
これは、お寺のPCの電源をつけっぱなしにしておく必要がありますが、外出先から直接リモートでお寺のPCを操作するという方法です。
快適なインターネット環境が必要ですが、とても重宝します。

(私も出張先から社のデータにアクセスしたい時などにTeamViewerを利用しています。)

★★★運用方法についてご相談に応じますのでお気軽にお電話いただけたらと思います。