サイト内検索 

一覧画面の幅の広さや表示順・行の高さを変更して見やすくしましょう。

ユーザー設定(使用語句/画面表示など)並び替え

※各一覧表画面で項目のヘッダー部分をクリックすると、その項目で並び変わります。


ご注意:位置の確定は「終了」ボタンをクリックした時に記憶されます。ドラッグして位置を変更した直後に編集・検索や並び替えをする場合は、先に終了ボタンをクリックして位置を確定して、再度開いてからデータ訂正や検索などを行ってください。

一覧表画面(名簿・過去帳など)は、列の表示項目順を変えることができます。

項目名の頭部分(ヘッダー)をマウスで押さえながら左(または右)へ動かし、適当なところでマウスを離して下さい。
(ドラッグ・アンド・ドロップ)

列の幅を変えるだけでなく、列の順番を入れ替えることができます。御寺院にとって使い易いよう調整してください。

!!重要!!
画面を閉じるときは、「×」ではなく「終了」をクリックして下さい。「終了」ボタンによりレイアウトが記憶されます。

例えば、「うちは法名ではなく俗名をメインにしたい」場合は、俗名の列を左から2番目くらいに持って来る方が使いやすくなります。

 

 ※ユーザー設定での語句の設定により、世帯主名簿や過去帳での使用する語句や項目名が反映されるようになっております。

使う項目だけ左からお好きなように順番に設定できます。 表の列の一番上の部分(ヘッダ)の境界線にマウスを持って行きますと、幅調整できるようにカーソルが変わります。

また、ヘッダをドラッグ&ドロップにより好きな場所へ移動できます。

 

※画面を閉じたときはその画面形式が保存されます。
※不要な項目は右の方へ移動しておくか、幅を0にして下さい。
(復活させる時は「表示設定初期化」により出荷時に戻ります。)

並び順の変更

常に「アイウエオ順」に表示させる場合は「ツールバー」の「並び替え設定」にて指定してください。

「行の高さ」を調整することもできます